冬場における水のトラブル・パイプ菅凍結について

水のトラブルといえば、水漏れやつまり、凍結といったものがあります。その中でも冬場になれば症状があらわれやすくなるのが、水周りにおけるパイプの凍結です。早朝深夜の場合は気温が下がりやすく、屋外のパイプも、日陰や風の影響を受けやすいところには注意が必要です。特にむき出しとなっているパイプは、その部分から冷えるため影響を受けやすいため対策が必要です。

■給湯器も凍結することがある

水周りのキッチンなどで給湯器を使用しているところには、注意が必要です。
例え蛇口を締めて水を止めていたとしても、給湯器の内部にはキッチンやトイレなどへ水を供給するためのパイプに水が残ります。冬の特に寒い時期には、外気の温度によって残った水が凍ってしまいます。
予防方法としては、給湯器の電源を切った状態で水を少し出しっぱなしにしにすることが挙げられます。しかし給湯器の中には、凍結防止の性能があらかじめついている商品もあります。このように性能が商品ごとに違いますので、メーカーへ確認するのが確実です。給湯機に異常が生じた場合は、業者へ給湯器 交換をお願いしましょう。

■冬に長期家を空ける際は注意

冬場に長期間の旅行や出張で家を空ける場合も、ボイラーや蛇口の立ち上がりが凍結してしまっている場合があります。特に、山間部にある家屋は注意が必要ですので、不安な場合は水道業者に確認してください。毎日の生活場面で、テレビをはじめとした各種メディアからの天気予報はこの時期は確認するポイントです。天気予報・最低気温の確認だけではなく、各種注意報及びインターネットの情報から、もしくは地域によっては水道凍結指数が確認できます。

■まとめ
一般的に雪が降るのは、上空の温度がマイナス6度以下、地上の気温が3度以下になっている時です。この時に水のトラブルであるパイプの凍結が起こりやすくなりますので、事前の対処が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ