水のトラブルの一つ、パイプ凍結を防ぐには

冬場に起こりやすい水のトラブルといえば、パイプの凍結が挙げられます。凍結してしまうことで水が出なくなりますので、生活場面に大きな支障をきたしてしまいます。

■水の出しっぱなしで水のトラブル・凍結を防ぐ

水はマイナス4度以下になると凍結しやすくなりますが、蛇口から少しでも水が流れている場合においては、凍結しにくくなります。これは、地上に比べると地中は気温が温かく、パイプの中から常に温かい水が流れ込んでいる状態となっているためです。できれば水周りにおいて最低1か所、最も基幹となる水周りのパイプに爪楊枝程度の細さで良いので水を流しておくことで、凍結を防ぐことが出来ます。
北部など最低気温がさらに低くなるところでは、少し多めに流しておいたり、複数箇所で出しっぱなしにしたりすることがおすすめです。日中の温度が少し上がった際には、止めても良いです。

■保温による凍結の防ぎ方

屋外の蛇口やパイプがむき出しの状態になっている場合は、タオルや保温チューブを使います。蛇口やパイプに巻きつけることで、凍結を防げます。雨雪などで濡れて凍ってしまわないように、ビニールをかぶせておくことでも、効果が大きくなります。
メーターボックスが地下にある場合も、凍結しやすくなります。そしてそこにパイプがあればパイプが破損するなど水のトラブルの原因にもなります。隙間に発泡スチロールや新聞紙などを隙間に入れておくことで冷気が入れないようになるため、凍結を防ぐことが出来ます。地上式の場合は、段ボールなどを使って覆うことでも十分な効果があります。状況によっては、水周りのパイプをかぶせる場面にも応用がききます。

■まとめ
水周りのパイプの凍結により生活場面に支障をきたします。しかし、あらゆる手立てを使って防ぐことで被害を最小限に抑えることが可能です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ