パイプ破裂による水のトラブルの対処法

水周りのパイプは、冬場の寒さによる影響はもちろん、水圧が強すぎる状態で水道を流したり、熱湯を流したりすることで破裂することがあります。破裂してしまうと、大量の水漏れなど水のトラブルも連鎖して引き起ります。パイプが破損した場合の処置方法を知っておくことも大切ですが、事前に補強などで水のトラブルを予防しておくことも大切です。

■パイプ修理を始める前に

はじめに、水道の元栓を締める必要があります。それにより、水のトラブルを限りなく小さく抑えることが出来ます。次に、破裂をした一部に補修用のテープを貼り、応急処置をします。破裂したところにタオルを巻くことでも、水が噴き出るのを防ぐことが出来ます。この時、元栓が完全に締まっていなければ、補修テープが剥がれたり、タオルから水が漏れだしたりすることがあるので、しっかりと締めておきます。
業者に依頼をして水周りの点検及びパイプの交換の流れとなります。賃貸物件の場合では、管理会社など建物の責任者に相談したうえでの対応をしてください。

■パイプを補修・補強すべき場合

経年劣化に伴いパイプに亀裂が入ってしまっている場合があります。また、使用中に異音が聞こえる場合でも、水周りのパイプの破裂、もしくは何かしら水のトラブルがあらわれていると捉えて問題ありません。補修用のテープでの補強も大事ですが、パイプの交換、または専門業者に相談することがおすすめです。
パイプのS字トラップの部分も破裂しやすいです。構造的にも弱い部分ではありますが、ものの詰まりや害虫の侵入に伴い、負荷がかかりやすくなっています。この部分だけテープを貼るなどの補強をすることも、一つの方法です。

■まとめ
定期的な清掃や点検が水のトラブルを防ぐことに繋がります。パイプの破裂による水のトラブルが起こった際には、慌てることなく応急処置をした上で専門業者に相談すると、被害を最小限に抑えることが出来ます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ