パイプ凍結という水のトラブルが発生した場合

あらゆる手立てを用いて対策をとっていても、水周りのパイプが凍結してしまうという水のトラブルに繋がることがあります。

■パイプが凍結してしまったら

パイプが凍結してしまった場合、まずは屋外の気温が上がり、パイプ内部の氷が解けるのを待ちます。パイプ内部が解凍していない状態で無理に蛇口をひねることは、パイプの破損に繋がりますのでやめましょう。最低気温と日中最高気温が5度以上あれば、おおむね午後には水道を使うことが出来ます。水周りにおいて室内に露出している水道パイプがある場合は、暖房器具を用いて温めると良いです。屋外の気温が温まることで自然解凍しますし、器具の性能によっては早い時間での回復が見込まれます。軽度の場合はこの対応で問題ありません。

■水が流れていかない場合

下水道が凍っている場合は、蛇口をひねると水は出る状態になっていても下水道へ流れていかない水のトラブルが起こりやすいです。わずかでも水が流れていく状態にあれば、60度前後のお湯を排水口に流して、下水道内の氷を溶かしていきます。方法としては、お風呂の温度設定で少し熱めに設定します。全く水が流れていかない状態にあれば、外側から下水道管全体にお湯を少しずつかけていき、中の氷を溶かしていきます。その後、60度前後のお湯を流してください。あらかじめその場面に合わせて電気ポットを使って、お湯を温めておけばすぐに対応できます。
また、水が用意できている場合には、電気ケトルを使用すると短時間でお湯を温めることが出来ます。ヘアドライヤーを用いて温める方法もありますが、火災の恐れがありますので注意が必要です。凍った状態のまま熱湯をかけてしまうと、パイプの破損になりますのでやめましょう。

■まとめ
各種対応をしても、水周りのパイプの凍結が改善されない場合もあります。別の原因が派生して発生している可能性もありますから専門業者に相談してみると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ